2022年09月28日

【インターン生ブログ たくみさん vol.3】

【インターン生ブログ たくみさん vol.3】

インターン生たくみさんのブログです。





―――――





よこすか大妄想会第1回(まち)・第2回(しごと)をzoomにて開催しました。
YOKOSUKAビジョン2030(横須賀市基本構想・基本計画)に基づき横須賀の8年後の計画に対し、横須賀にかかわる若い方たちで意見交換会をしました。





テーマは、YOKOSUKAビジョン2030のうち「まち」と「しごと」の題材を中心に行いました。





横須賀にかかわる若い層の方たちを対象としていた会で、同年代の方と共感できることも多くとても楽しい会になりました。同じ年代の方でも自分では考えられない意見などを持っていていい刺激にもなりました。





そもそもYOKOSUKAビジョン2030を知っているという若者はとても少ないと思います。私も加藤さんに紹介していただき、この計画の存在を知りました。これから横須賀がこの計画に沿って進んでいくのだから、若者や市民に浸透していなければならないと感じました。





この会で、私も含め横須賀を好きな人がたくさんいることに改めて気づかされました。知らない横須賀を教えてもらえ、横須賀の良さをもっと知れて意見交換をするだけでなく、横須賀を知るために始めたこのインターンでよい経験ができました。





横須賀に将来住みたい、働きたいなどと思う理由や思ってもらうための意見が多く集まって横須賀の発展につながると嬉しいです。





なお、10月11日には第3回も予定しておりますので、追ってお知らせします。









―――――





そして、もう少し時間をさかのぼりますが、9月4日は、加藤ゆうすけ市政報告会兼意見交換会のお手伝い役として参加しました。





参加者は25名ほどおり、加藤さんの行ってきた活動のまとめをzoom、対面のハイブリット形式で報告していました。





私は、市政の知識がほとんどないので横須賀に対し、議員の方がどのようなことをしているのか、そこに集められる意見など新たな経験を積むことができました。
また加藤さんのインターンを始めて間もないので、加藤さんの行っていることを知る機会としていい機会にもなりました。





報告会に参加した方からは、自分の知らないことに対しての意見が出てきたりとまだまだ知らない横須賀があるなと感じました。





参加者の方それぞれがしっかり政策に意見を持っていて、すごくいいことだなと思いました。しかし、参加者の層は大体限られており、多くは私のような世代の方たちではありませんでした。Zoomでの開催もあり、入退室も自由で比較的参加しやすい形式にもなっているので多くの世代から多方面からの視点での意見も集まればいいなと思いました。


SHARE

facebook アイコンfacebookでシェアfacebook アイコンTwitterでシェア
この記事のタイトルとURLをコピーするコピーが完了しました

関連記事